CARE WORKER

介護福祉士

瀬間 啓太

KEITA SEMA

清瀬病院に興味を持ったきっかけを
教えてください

救世軍清瀬病院を知ったきっかけは、当時専門学校に来ていたブース記念病院の介護福祉士求人広告を見て興味を持ち、救世軍清瀬病院へ見学に行きました。その時に患者さん、そのご家族に寄り添う介護を実施していることを知り、ここで働いてみたいと思い当院に入職することを決めました。

患者さんに心がけている事や、
嬉しかった事はありますか?

患者さんが日常生活を送る上で必要な食事や着替え、入浴や排泄の介助、手足がご不自由な方にはベッドからの立ち上がりの補助、歩行の補助などの身体補助が主な仕事です。患者さんが心地よく過ごせることを考えながら介助をした後に患者さんの笑顔や「ありがとう」の一言で、この仕事を続けていて良かったと思います。

職場の雰囲気や職員のチームワークについて教えてください

スタッフ同士のコミュニケーションがよく取れています。スタッフの役割や年齢、性別はバラバラですが、分け隔てなく何でも話し合える良い雰囲気があります。そのおかげでスタッフとスムーズな連携を取れることが自然と備わっている職場だと思います。 また、男性女性分け隔てのない温かみのある職場ですので男性社員も働きやすい環境です。

将来の目標を教えてください

患者さんの中には体格が大きい方も増えています。女性の割合が多い職種ですが、もっともっと男性のスタッフに入って来ていただけると、患者さんを支える仕事もスムーズになりますし体力的にも助かると思います。男性職員が増えてくると患者さんのサポートの幅も広がりこの仕事を長く続けていくことができると思います。

1日の流れ

  • 8:30

    夜勤者から申し送りを受けます

  • 9:00

    体位変換・おむつ交換に回ります

  • 10:00

    環境整備に回ります。またリハビリがある患者さんの離床のお手伝いをします

  • 12:00

    昼食の介助・食後の口腔ケアをします

  • 15:00

    おむつ交換に回りその後に患者さんに水分補給をしていただきます

  • 18:00

    夜勤者に申し送りをした後に、残った業務を行い退勤します

採用ご応募・お問い合わせ