• 042-491-1411

    東京都清瀬市のホスピス 緩和ケア・療養病棟

  • お問い合わせ

    文字サイズ

    • 小
    • 中
    • 大

リハビリテーション科

rehabilitation department

理学療法士と作業療法士が、障がいをお持ちの方のお役に立てるよう、お待ちしてます。

機能回復訓練室172㎡。スタッフは理学療法士2名と作業療法士(非常勤)1名です。外来での訓練継続あるいは入院、慢性期、高齢者維持期、緩和ケアから在宅準備まで、どなたでもお気軽にご相談ください。 苦痛や障がいを乗り越えてゆかれる方たちと共に、苦しみや喜びを分かち合い、お一人お一人がその方らしくあることを応援してゆきたいと思います。私たち一同、患者さんと共に歩むスタッフでありたいと願っております。

理学療法士の活動

理学療法部門は、様々な身体の困難に直面した方々のお役に立つことを目指しています。
たとえば、
・脳卒中、神経難病、関節痛や骨折などの運動器疾患の方
・呼吸器疾患など急性期・回復期の治療を終えられて、痛みや障がいを持ちながら の生活を余儀なくされている方
・加齢と共に起こる運動機能の障がいをお持ちの方
・がんによる麻痺や体力の低下に悩まれている方
患者さんと一緒に、必要かつ有効な運動と生活を考え、皆さんのペースに合わせて実践するお手伝いをします。

作業療法士の活動

作業療法は理学療法と同様、身体に障がいを持つ方がその人間性を回復することを目指しています。
その名の通り障がいを持つ方の作業を通じた活動を支え、コミュニケーションという心のつながりを援助することも得意としています。
例えば、様々なスイッチの工夫によって指先しか動かせない方の表現力を広げます。例えば、ご自分でお食事を召し上がりやすい環境を調整します。例えば、ご自宅へ帰りたい方に何が必要かを一緒に考えます。
理学療法士とはまた違った角度から、皆さんの困難を理解してお一人お一人の“希望すること”を実現するためのお手伝いをします。