• 042-491-1411

    東京都清瀬市のホスピス 緩和ケア・療養病棟

  • お問い合わせ

    文字サイズ

    • 小
    • 中
    • 大

多職種チームで協力してケアにあたるので、
患者さんの一日一日の状態に合わせた対応を
すぐに取ることができます。

介護福祉士インタビュー

療養病棟勤務

三國千秋

介護福祉士という職業を選んだ理由はなんですか?

高校へ行きながら住み込みで看護助手をしていたことがありました。
その後、3人目の子供が生まれ、何も資格はありませんでしたが、近くの施設でパートとして4年くらい働かせていただきました。難しいけれども楽しい仕事だと思い、介護福祉士の資格を取得しました。

チームケアの大切さをどんな時に感じますか?

例えば、栄養科との連携により、患者さんの状態にあわせて食事の形態変更がスムーズに行えます。患者さんやご家族の要望を汲み、リハビリテーション科と病棟スタッフとでプログラムの調整をしています。他部署との連携をしっかりと取りチームでケアにあたるので、患者さんの、一日一日の状態に合わせた対応がすぐに出来ることです。

仕事と育児や家庭の両立はどのようにされていますか?

育児だけになると、子供対自分だけになりストレスもたまります。仕事をすることでたくさんの方とお話をすると、自分の視野が広がります。普段生活をしていると、話す機会がないような若いスタッフとも話が出来たりします。家族以外の方とのコミュニケーションは気分転換になります。
仕事でうまくいかないことがあると落ち込んだりしますが、自転車に乗っている間に忘れてしまいます。家の中はまた雰囲気が違いますので、自然に吹っ切れます。
家のことは仕事に、仕事のことは家まで持ち込まないようにしています。
何より、家族の理解があるからこそだと思い、感謝しています。

救世軍清瀬病院を職場に選んだ理由は?

救世軍清瀬病院にはホスピスがあると聞き、ホスピスはどんなところだろうと思い、興味を持った事がきっかけです。
今は療養病棟で働いていますが、病院の方針は「病院全体がホスピス」と掲げています。療養病棟でもホスピス精神でケアにあたらせていただいています。

この職場で働いてから、学んだこと成長したことはありますか?

病状によって口から食事を摂ることが難しい方がおられますが、患者さんの状態を見ながら、最期まで患者さん自身で食べられるようなケアを行い、「口から食べる」ということの大切さを再認識しました。また、患者さんらしい生活を送るためのケアを行うことの大切さを学びました。

スキルアップで心がけていることや取り組んでいることを教えてください。

院外の研修に参加しています。病院では、積極的に研修へ送り出してくれます。
研修では、介護の現状を知る場として、いろいろな知識を身につける良い機会です。
また、他の施設の方との意見交換が出来、とても参考になります。
今は、次のステップとしてケアマネージャーの資格を取るために勉強をしています。

最後に患者さんにメッセージをお願いします。

全ての患者さんの希望通りに出来ないかもしれませんが、できる限りのケアを提供したいと思っています。入院生活の中で、少しでも楽しいなと思えることや笑って過ごせることができるように、スタッフ一同でより良い環境を作っていきたいと思います。