• 042-491-1411

    東京都清瀬市のホスピス 緩和ケア・療養病棟

  • お問い合わせ

    文字サイズ

    • 小
    • 中
    • 大

救世軍清瀬病院はこんな病院です

その人が、その人らしく、生きるために

食事や排泄、お風呂に運動。多くの人が当たり前のように日々送っている“生活”を、できるだけ支えていきたい。患者さんの尊厳を守りたい。救世軍清瀬病院には、そんな願いがあります。
口から食べること、自分でトイレに行くこと、お風呂で湯船につかること、体の動きを抑制されずに過ごすことなど。 当たり前のようなことですが、いつの間にかできなくなっていたりしませんか?そのことで心身ともに苦痛を感じていませんか?
当院は、無理なく、その人のペースで生活ができるような支援を目指しています。
療養を望んでおられる患者さんはもちろんのこと、そのご家族も、同じように苦痛を覚えておられることが多くあります。また病気によって自分の気持ちを伝えられなくなってしまった患者さんにとっては、ご家族が一番の理解者です。
ご本人とご家族、両者が安心して過ごすことのできるよう、一緒にケアを行っています。

ご本人と、そして家族に寄り添う

できるだけ自然に、できるだけ穏やかに

療養病棟を希望する多くの方は、最大限できる治療を終え、安楽に過ごすことの出来る場所を探しています。そんな心身ともに疲れを覚えている患者さん、ご家族が、安心して、穏やかに療養できるよう、お手伝いをいたします。
今ある苦痛を和らげながら、負担となる治療行為や検査は無理に行わず、できるだけ自然に、できるだけ穏やかに過ごしていただきます。

スタッフ全員でホスピスケア

救世軍清瀬病院には、関東で最初に開設されたホスピスがあります。
当院では、ご本人とご家族の意思を尊重しながら、全ての病棟でホスピスケアを行うことを目指しています。